読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都高低差崖会

京都高低差崖会は京都の凸凹地形を探索しています。平地ではいられなかった、高低差が生まれてしまった、京都ならではの「まちの物語」「土地の記憶」を読み解いていきます!

NHKブラタモリ「#70京都 祇園」に出演!:「うめちゃん」と呼ばれた日

f:id:kyotokoteisa:20170415065406j:plain

今回のNHKブラタモリ「#70京都 祇園をご覧いただけたでしょうか。

「~日本一の花街・祇園はどうできた?~」をテーマに、京都の鴨川東岸に広がる花街「祇園」一帯をご案内した内容です。一年ぶりの出演ということで、僕も気合いの入った収録となりました。

今回の祇園編。「京都らしさ」の中心である祇園というまちを、ブラタモリ目線で読み解いたらどうなるか?紋切り型ではない祇園の再解釈」をお楽しみにいただけたらうれしいです。

www.nhk.or.jp

『京都の凸凹を歩く』(青幻舎)で復習しよう!

f:id:kyotokoteisa:20170415065608j:plain

昨年5月『京都の凸凹を歩く』(青幻舎)を刊行しました。おかげさまで「京都ガイド本大賞2016」も受賞!ブラタモリファンの皆さんに向けて書いた一冊です。

今回の「祇園編」にちなんだ花街の段差八坂神社の桃山断層など、凸凹地図と写真を数多く収録しています。この機会にぜひ読んで復習しよう!

www.seigensha.com

ブラタモリ放映記念:まち歩きツアーも開催!

f:id:kyotokoteisa:20170415072629j:plain

もはや恒例(?)、ブラタモリ記念まち歩きツアーを開催します。

タモリさん&近江さんと歩いた祇園のまち、京都で花街が発展した背景、近世京都のウォーターフロント開発を、現地でじっくり歩きながら理解していきましょう。鴨川東岸でにぎわった近世・近代の花街まちづくりから目が離せない!

  • 祇園前編】タモリさんを案内したガイドと、日本一の花街・祇園町へ:5/4(木祝)、5/21(日)、6/6(火)
  • 祇園後編】タモリさんを案内したガイドと、祇園円山凸凹ツアー:5/14(日)、5/26(金)、6/18(日)

お申し込みはまいまい京都特設webサイトからどうぞ!

www.maimai-kyoto.jp

ブラタモリのちょっといい話

f:id:kyotokoteisa:20170415073827j:plain

大人気番組「ブラタモリ」のちょっといい話。今回収録も含めてご紹介しましょう。

タモリさんは本当にぶっつけ本番なの!?

はい。タモリさん&近江アナはぶっつけ本番です。お二人には台本も事前情報もまったくありません。なので、番組での様子は全ていわば素のリアクションと思ってください。

タモリさんはどんな人!?

おしゃれでやさしいジャズマンです。案内人の僕らにも本当にやさしくて、物腰がやわらかく、「これはタモリさんを好きになってしまうな!」「惚れてしまうな!」といつも感じています。実際、僕はタモリさんが大好きです。収録前は胸とのトキメキが抑えられません。

なぜタモリさんはあんなに「博識」なの!?

たぶん、教養深い文化人タモリさんの素顔かなあと思っています。もちろん知識が豊富な方であることは間違いないのですが、それ以上に文化全般について造詣が深い。文化的なベースが分厚い方なので、どんな話題にもタモリさんならではの理解・解釈がどんどん出てくる。「こんな人になれたらいいな」とあこがれの大人です。

ブラタモリはどんな思いでつくられているの!?

なので、そんなタモリさんを「驚かせたい!」「感動してもらいたい!」「楽しんでもらいたい!」の一心で、制作陣は番組作りに励んでいるのではないでしょうか。予定調和ではなくって、文化的で教養深いタモリさんの予想を超えていきたい一心。「それ知らないよ!」「なんなのそれ!」の一言を、タモリさんからもらいたい気持ちで収録に向き合っているのです。届けこの思い!

「うめちゃん」と呼ばれた日

今回「祇園編」収録後、タモリさんから「うめちゃん、実はさ…」(以下秘密の会話)と初めてあだ名と呼ばれました。はい。自慢です。いやあ、うれしかったです。梅林・梅本・梅木など、名字に梅が付く国際同盟に朗報です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...