京都高低差崖会

京都高低差崖会は京都の凸凹地形を探索しています。平地ではいられなかった、高低差が生まれてしまった、京都ならではの「まちの物語」「土地の記憶」を読み解いていきます!

2019年もNHKブラタモリは京都で!:7/13(土)「京都・西陣編」に出演しました

梅林@chang_umeです。本日放映のNHKブラタモリ。「京都・西陣~織物の町・西陣はどうできた?~」はいかがでしたか。

今回僕の立場からは、西陣を〈伝統〉のイメージで発信しがちな傾向に対して、新たな時代・近世に勃興した「ニュータウン」としての地域形成史を語りました。

f:id:kyotokoteisa:20190713180349j:plain
タモリさんと「礎石」を愛でるひととき(「小川」旧河道の百々橋跡にて)

出演後の今の気持ち

「京都は昔から~」「ずっと変わらぬ~」「平安京以来の~」といったファンタジーあふれる観光言説、もっといえば本質主義的な言葉に対して、いかにリアリティを再び積み上げていくか。

「歴史都市」京都を語る言葉は、じつは案外「非歴史的」あるいは「超歴史的」な中身となってしまいました。地域の生活史を語る言葉が、今の京都だからこそ求められている気がしませんか。

そしてブラタモリという番組の価値は、観光やマーケットに消費・搾取されない京都像の発信にあるのかなとも感じるところです。

ブラタモリをご覧のみなさん。歩き方自体に興味が湧くような、そんな日々を一緒に過ごしましょう!

フロンティアとしての「西陣」を発見する

今回特集した「西陣」地域。番組でお伝えしたように、地域形成は応仁・文明の乱よりもさらに後、江戸時代に入ってから本格的に進みました。

逆にいえば中世までは、今の西陣に相当する範囲は都の北の果て。人ならざる存在たちの領域だったかもしれません。「異界」に向けた境界としての西陣ですね。

そこには死者、あるいは神仏が出入りするような、この世・あの世の境界線としてのイメージも生まれていきました。タモリさん・林田さんと今回歩いた船岡山の一帯がまさしくそんな性格です。

f:id:kyotokoteisa:20190713181154j:plain
『5万分の1地質図幅』に「平安京」と「西陣」の範囲をオーバレイ

f:id:kyotokoteisa:20190713181528j:plain
異界の「境界」としての西陣・船岡山

そして西陣が織物業で栄えた江戸時代。境界領域としての西陣イメージは、意外にも一層具体的となっていた模様です。

西陣から北部の郊外へとつながる千本通(鷹ヶ峰街道)沿いには、あの世の入口を担当する閻魔大王が鎮座する千本ゑんま堂十二坊と呼ばれる独特な宗教空間、そして火葬場が位置していたのです。機織りの音が鳴り止まぬ街には、死者を送る葬列が頻繁に見られたことでしょう。

このあたりがまさに、〈伝統〉や〈観光〉という視点からは見えない地域の実態でしょうか。西陣の空間座標はとても興味深いと思います。

f:id:kyotokoteisa:20190713182329j:plain
『都名所図会』1780(安永9)年が描く「西陣」北部の様子(原図を着色):「千本ゑんま堂」「十二坊」「船岡山」といった境界記号が居並んでいます。

f:id:kyotokoteisa:20190713182613j:plain
『改正京町絵図細見大成』1831(天保2)年から西陣を見る。船岡山の南麓一帯が市街地化しています。そこから突き出すように、「十二坊」が位置する。

「西陣」を歩きましょう!

番組で歩いた西陣をもう一度歩きましょう。

道ばたに佇むもの全てが、西陣の歴史を物語るはずです。西陣は京都にとってどんな地域だったのか。どんな歴史がそこには積み重なっていたのか。

番組をご覧になった人、西陣を丁寧に歩いてみたい人、そして京都を再発見したい人。

お待ちしています!

  1. 船岡山編:「異界」への境界領域としての西陣。京都北部のフロンティア開発史です。
  2. 西陣編:応仁・文明の乱の西軍本陣「西陣」を突き止めよう。中世から近世の激動期、京都北部はどんなまちづくりが進んだのか。

f:id:kyotokoteisa:20190713183504j:plain
たとえば西陣・船岡山を、こんな風に歩いてみようかと思います。

f:id:kyotokoteisa:20190713183546j:plain
今回も「まいまい京都」などで西陣ツアー開催です。

www.maimai-kyoto.jp

大型新企画「グラマニア」が始動:プライベートツアーで「明治150年」の京都を巡ろう!

2018年度の初回を飾る、ブラタモリ新京都編はいかがだったでしょうか。

新アナウンサー林田理沙さんを迎えた「#101 京都・銀閣寺編」「#102 京都・東山編」の新展開。さらに今回の番組二本に至るまで、「嵐山編」「伏見編」「祇園編」と僕が過去出演した回限定の再放送シリーズも盛り上がりましたね。

渾身の新企画「グラマニア」がスタートです!

f:id:kyotokoteisa:20180513173100j:plain

さてブラタモリ新京都編の興奮もまだ冷めやらぬなか、いよいよ待望の新企画がスタートします。その名もグラマニア!!

今回、京都駅前にそびえたつ「ホテルグランヴィア京都」とのコラボ企画、僕自身のとっておきの場所から京都をガイドするツアーが立ち上がりました。「グランヴィア・マニアッククラブ」略して「グラマニア」です!

共同通信でもニュース配信されました!

続きを読む

ブラタモリ制作陣の裏話:「案内人」はどんな人たち?「函館パターン」とは?

先週末、NHKブラタモリ「#101 京都・銀閣寺編」が無事放映されました。おかげさまで放映後の反響も凄まじいもので、もしかしたら過去最高かもと感じています。

f:id:kyotokoteisa:20180427184647j:plain

ブラタモリ「#101 京都・銀閣寺編」の一コマ。銀閣(観音殿)を特別拝観でした!

今回は「銀閣寺」のさまざまなしつらえや意匠について、いわば「施主」である「足利義政」にフォーカスして、その形と意味を探ってみました。お楽しみいただけたでしょうか。

また番組内では、銀閣寺に関する項目の他に、「学生街のラーメン屋」など、収録の合間の雑談も数多く紹介されたみたいですね。

こんな空気でタモリさん&林田さんと歩いたんだなあと感じていただけたら幸いです!

ブラタモリ制作陣の裏話!?

番組放映にあわせて、「ザテレビジョン」記事Yahoo!内)にブラタモリ制作陣が明かす「とっておき話」が掲載されていました。

知識が豊富な人が案内人に選ばれるわけではありません。タモリさんと盛り上がれるかどうかを基準に選ぶことが多いです。

今回は歴史、建築、地形などいろいろな分野に分かれていたので、取材のときに30人ぐらいの専門家から話を聞きました。事実の裏付けが必要ですからね。4月21日、28日OAでは、おなじみの街歩き専門家・梅林秀行さんが案内します。

(良ディレクター)

以前、天気が悪くて北海道・函館の夜景が見えなかったロケで、『本当ならこういう素敵な夜景が見られます』という大きなパネルを作ったんですよ。僕たちはこれを“函館パターン”と呼んでいるんですけど、これは毎回持っていくことにしていて、結構かさばるんです。京都では出番なし。晴れて良かったです。

(中村プロデューサー)

ちなみに話題の「函館パターン」ですが、僕の出演回では「伏見編」で使いました。模擬天守閣からの景色を代替用です。タモリさんに絶景をお見せしようと思ったのに。あれは悔しかったなあ!

今回の記事を通じて、NHKが文字通り全力を尽くして制作している「ブラタモリ」について、取材や収録の空気をちょっとでも感じてもらえたらいいなと思います。

まるで「大人の部活動」あるいは「毎週開催の学園祭」と言ったらいいのか。そんな感じで、毎回全力投球の結果がブラタモリなのでしょう。

いよいよ明日4/28(土)、今度は「#102 京都・東山編」です。僕もまた引き続き出演なのでこちらもぜひお楽しみに! The Show must go on‼︎ (梅林)

NHK「ブラタモリ」101回放送記念!:「#101 京都・銀閣寺編」が放映!

NHKブラタモリ「#101 京都・銀閣寺編」はいかがでしたか? 今回は記念すべき第101回目、さらに新アナウンサー林田理沙さんのデビュー戦ということで、僕も改めて気合いが入っていたように思えます。お楽しみいただけたら幸いです!

思い返せば、2015年正月放映の「京都・御土居編」(番組パイロット版)が初出演、その後の2015年「奈良編」、2016年「京都・嵐山編」「京都・伏見編」、そして昨年2017年「京都・祇園編」から今回で6回目の出演となりました(次週「#102 京都・東山編」ですぐに7回目になりますね)。まことにありがたいことです。いろいろ出ましたねー。

f:id:kyotokoteisa:20180421151539j:plain

恒例の番組記念ツアーやります!

ブラタモリ放映記念として恒例(!)の現地ツアーを開催します。番組で訪れた場所、紹介したエピソード、収録のこぼれ話など、銀閣寺周辺の現地で盛り上がりましょう!

f:id:kyotokoteisa:20180421163002j:plain

もはや恒例!ブラタモリ放映記念ツアー!
続きを読む

NHKブラタモリ「#101 京都・銀閣寺編」直前特集!:Yahoo!ライフマガジンで同時特集がオープンです!

いよいよ今晩、NHKブラタモリの記念すべき101回目の放映です。「#101 京都・銀閣寺」をぜひお楽しみに!

僕個人としても「京都御土居編」→「奈良編」→「嵐山編」→「伏見編」→「祇園編」と出演を重ねて、今回でなんと6回目の出番となりました。感慨深いですね。

f:id:kyotokoteisa:20180421151539j:plain

Yahoo!ライフマガジンで同時特集! 

今回のブラタモリ放映を記念して、「Yahoo!ライフマガジン」でも同時特集が本日オープンとなりました。番組の収録現場でのスチル写真も盛りだくさん!

f:id:kyotokoteisa:20180421152355j:plain

新アナウンサー林田理沙さんの笑顔と一緒に、ぜひYahoo!特集記事もお楽しみください!ではでは今晩、ブラタモリでお会いしましょう!(梅)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...