読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都高低差崖会

京都高低差崖会は京都の凸凹地形を探索しています。平地ではいられなかった、高低差が生まれてしまった、京都ならではの「まちの物語」「土地の記憶」を読み解いていきます!

【告知】 2/8(日)フィールドワーク:「聚楽第跡地」で高低差探索!

f:id:kyotokoteisa:20141216080105j:plain:w500

chang_umeです。
2015年最初のフィールドワークは、聚楽第跡地」で高低差探索!

西陣界隈のまちなかに潜む高低差を探し歩きながら、聚楽第の遺構はもちろん、高低差の「場所性」を感じる内容です。

京都高低差崖会ブログでも「聚楽第シリーズ」として、付近の高低差を追い求めてきました。この機会にぜひ、現地で聚楽第の遺構と高低差を体感しましょう!


ご参加について

下記参加申込みページからお申込みください。


  • 参加費:資料代実費(500円)
  • 定員:15名(定員になり次第受付終了)

まちなかに潜む高低差から、「土地の記憶」と「まちの物語」を体感するフィールドワークです。平地と思われがちな京都の市街地は、意外なほど豊かな高低差が点在しています。ぜひ現地で確かめてください!

沢山のご参加をお待ちしています!(梅)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...